その肌荒れ・・・便秘が原因ではないですか?

肌荒れが酷い・・・。

肌荒れが治らない・・・。

治ったと思った肌荒れがまた再発している・・・。

頑固な肌荒れ、色々工夫しても改善されない肌荒れの原因が便秘かもしれないと知った時は衝撃ではないでしょうか。

肌荒れと便秘」聞いても見てもあまりピンときませんよね。

肌荒れに便秘が関わっているなんて誰も想像していないかもしれませんが、その肌荒れが便秘によるものかもしれないのです。

3日以上便通がなく肌荒れを起こしているなら、その便秘が肌荒れの原因かもしれません。

今回は便秘と肌荒れの原因について紹介したいと思います。

便秘になるとお腹で起こること

便秘になるとお腹の中で悪玉菌がどんどん増えていきます悪玉菌は体にとって有害な物質を出してしまうのです。その有害な物質が腸から血液に乗って全身をかけめくり最終的に肌にまで影響を与えてしまいます。一概には言えませんが肌はその有害物質の排出をしようとしてニキビ等の肌荒れに繋がることもあるのです。

お腹の中で食べのもが腐敗する事を想像してください。少し気持ちが悪いと思いませんか?便秘とは生ごみをお腹の中で溜めているのと同じようなものなのです。

便秘にならないようにするには

便秘にならないようにするには食生活の見直しはもちろんです。野菜や果物などの食物繊維を多く取り入れることで善玉菌を増やし腸内環境を整えることが大切です。

またヨーグルトや納豆などの発酵食品なども腸内環境を整えるのに効果的です。逆に消化に悪い物はお腹に留まる時間が長い為、便秘気味の方は控えた方がいいかもしれません。

また腸を活発に動かすために軽い運動も必要不可欠です。軽い運動をすることで腸も活発に動いてくれると思います。

寝起きにコップ1杯の水を飲むことも効果があると言われています。私自身も実際にやっているのでお墨付きです。ここでの注意点は冷たすぎる水はかえってお腹を冷やしてしまうので逆効果になってしまう事!寝起きの水はぬるま湯がベストです。

なかなか治らない肌荒れに悩んでいる方はご自分が便秘かどうかを判断して便秘による肌荒れを改善する事で美肌を目指してみませんか?

2019-02-08 | Posted in 美容Comments Closed 

関連記事