肌に痒みが出てしまう原因とは?!

ボリボリ・カリカリ・・・が痒くて仕方がない!こんな経験ありますよね?

年中痒いわけではなく、冬場とかお風呂上りとかに痒くなる事があるって方もいるかもしれません。

私自身は冬のお風呂上りなど肌が温まっている状態に痒くなってしまう事があります。たまに痒くて眠れなくなることもしばしば。

しかし大人になって痒み程度で病院に行くこともありませんよね?できれば自分でどうにかしたいはずです。

今回は肌が痒くなってしまう原因について紹介したいと思います。

肌が痒くなってしまう原因は?!

肌が痒くなってしまう最大の原因は「乾燥」です。肌が乾燥してしまうと肌のバリア機能が低下して外部刺激を受けやすくなってしまいます。肌は外部刺激を過敏に反応して痒みと言った症状が現れるのです。

特に目の周りが痒くなるって方いませんか?目の周りの皮膚は他の皮膚より薄いので乾燥しやすく刺激を受けやすい部分です。目は顔の中でもよく動かす部分なので皮膚が薄いのですね。また痒みが出てしまい掻いてしまう事でさらに皮膚が傷ついてその結果痒みが悪化してしまうなんて事もあるようです。

その他の原因

乾燥以外で肌が痒くなってしまう原因はたくさんあります。

虫刺され・アトピー性皮膚炎・あせも・ストレスなども肌が痒くなってしまう原因になります。肌の痒み1つとっても原因はたくさんありますので、ちょっと変だなと感じたら医療機関や薬剤師に相談されることがいいとおもいます。

とりあえず保湿!

とにかく自分でどうにかしたい方は肌の保湿から始めてみましょう。肌を保湿する事でバリア機能を高め外部刺激から肌を守り痒みを抑える方法です。空気の乾燥が酷くなる冬場のシーズンには部屋に加湿器を置くとか、水分補給をしっかりするとかの工夫が必要です。

また日ごろのスキンケアを保湿重視に変えることも効果があると思います。

冬場は暑いお風呂が気持ちいいのはわかりますが、熱すぎる温度のお風呂は痒みが酷くなってしまうかもしれません。お風呂の温度は38度から40度を目安にしてください。

2019-02-09 | Posted in Comments Closed 

関連記事